【驚愕】地下鉄の最高速度ランキング【全国】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、TRAinDATAです。

日本には地下鉄を運行する事業者が10、路線が46あります。
今回は全国の地下鉄路線の最高速度を見ていきたいと思います。

「いつも使ってる路線は速そう」「あの路線は遅いんじゃないか」のように予想しながらご覧くださいね。

目次

最高速度55km/h~70km/h

まずは最高速度65km/h~70km/hから見ていきましょう。

今回最も最高速度が低かったのは東京地下鉄(東京メトロ)銀座線と名古屋市交通局東山線、名城線、名港線。

最高速度70km/hで運行する地下鉄にはOsaka Metro各線や東京都交通局浅草線・大江戸線がランクインしました。

Osaka Metroは全体的に低速なようですね。

最高速度75km/h~100km/h

続いて最高速度75km/h~100km/hを見ていきましょう。

1位は東京メトロ東西線の100km/h。
最も低速だった銀座線などと比べると35km/hも高くなる結果になりました。
私鉄と同レベルの最高時速にはやはり地上区間の長さに関係がありそうですね。
地上区間についてに記事はコチラ👇でまとめていますので是非ご覧ください。

なぜ地下鉄は遅い?

ところでなぜ地下鉄は地上路線と比べて速度が落ちるのでしょうか?

理由の一つに地下鉄は都市部を走っている場合が多いため駅間距離が短いことが上げられます。
駅間距離が短いと速度が出る前に駅に停車するケースが多く、結果的に速度が低くなっているものだと考えられます。

また、複雑な地形に伴ってカーブや高低差が生まれ速度が出せない場合もあります。

さらに風圧の問題もあるようです。
地下の駅のホームは地上よりも列車風を受けやすいためトンネル内の風圧は直接ホームに当たってしまいます。
この様な問題を避けるためにも地下鉄の最高速度は低めに設定されているのですね。

東京メトロ銀座線。最高速度は65km/hと遅め。

まとめ

いかがだったでしょうか。
一口に「地下鉄」といっても路線によって最高速度が異なることがお分かりいただけたと思います。

最高速度はその路線が走る環境に合わせて設定されるものですので競うものではありません。
しかしながら普段あまり気にしないであろう「最高速度」を比べることで路線ごとの違いに触れられる、ある意味で新鮮なランキングになったと思います。

今回はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

鉄道に関連するデータやネタを作成して発信中!

新着レス

 

イベント一覧

日付 イベント
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)
目次