E131系の前面に似合う柄を模索したい

こんにちは、えふせんです。

皆様は、E131系という電車をご存知でしょうか。千葉、栃木などのローカル線向けに製造されているJR東日本の最新型車両です。

このE131系の特徴といえばなんといっても前面の水玉模様。オシャレに走る路線のカラーを纏っていて非常にかっこいいです。

ですが、今回の記事は、この水玉模様部分をもっと良くできるのではないか、という記事です。先に言っておきますね、できるわけがありません。

こんな素晴らしいデザインをたかが絵描き程度がさらにいいデザインにするなんて無理な話です、まあそういうわけなので、軽い感覚で読んでくれれば幸いです。

では早速、見ていきましょう。

何か変わりました?

まあ若干の変化はありますが…正直ほぼ変わりませんね、2、30メートルも離れてしまえば違いなんてわからないと思います。

今この記事を書いていて、ノーマルのものと並んでいる状況が続いているのですが、違いが全くわかりません。遠目の画面越しですらほぼ判別不能ですね、次行きましょう。

久留里線にいたぞこんなの

シンプルにまとまってていいとは思いますが、どうにも既視感ですね。見事にキハE130にそっくり。顔結構似てるもんなぁ…

視認性はいいのですが、デザイン性は正直微妙ですね。ダサいわけじゃないですが、どうにも間抜け面な感じが否めません。

なんかきもい。113系が現代風にリメイクされて製造されたらこうなるんでしょうか、やだなあ。

なんでしょうね、元のパターンの形を崩さなかった結果既視感と違和感が一気に襲ってきて気持ちが悪いです。デザイン性はそんなに悪くないはずなんですがね、あと斜めのラインが鋭角すぎて謎の違和感がありますね、113よりとんがってます。

シンプル横帯からちょっとオシャレになりましたね、僕は結構好きですよこれ。賛否はありそうですが…

やっぱり側面とか見てもE235系成分がかなり多い電車なので、なんだかんだそこそこ似合うっていうのは妥当なところでしょうか。よきよき。

見覚えしかない顔だなおい

新潟の3ドアのあれでしょうか、非常に既視感があります。まあ顔はほとんど同じなので、塗り分け揃えたらまあそうなるよねって感じはあります。

強いて言えば、E131は下側のアンチクライマーがE129よりゴツいので、帯の終端が高めですね、正直大して気にならないですが…

四国にこんな特急いたぞ

なんでしょうね、すごく既視感があります、某2000系気動車しか思いつきません。顔はほとんど別物なんですけどね、ここまで似るかぁ。

どう見ても房総半島のローカルワンマン電車じゃなくて四国を暴走してた某特急気動車なんですよね。そういや色味はほとんど同じですか、妙な発見ですね。

というか元ネタが完全に迷子ですね、一応東急の歌舞伎塗装をイメージしたはずなんですが…

いかがでしたでしょうか。改めてE131系は水玉模様が一番最適ということがわかる記事になった気がします。いつも通りお気に入りがあったら、コメント頂けたら嬉しいです。

では今回はこの辺りで、最後まで閲覧ありがとうございました〜

よろしければクリックお願いします!

鉄道コム

コメント

Subscribe
通知
guest
2 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る
名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/24 08:04

1000番代だろ

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/07 19:16

500番台の色が一番いい気がする。

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)
3月4日(月)
3月5日(火)
3月6日(水)