A列車で行こうはじまる観光計画ってどういうゲーム?

おはこんばんにちはAZU3です。

今回は私の愛用ゲーム、『A列車で行こうはじまる観光計画』について話していきたいと思います!

A列車で行こうはじまる観光計画とは?

このサイトをご覧の皆様ならご存知の方もいらっしゃると思います。

このゲームは株式会社アートディンクの開発したシュミレーションゲームです。

最近の作品だとA列車で行こう9やA列車で行こうはじまる観光計画などが挙げられます。

A列車で行こうはじまる観光計画(以下:はじまるA列車)はNintendo Switch・Steam・IOSなどで発売されている作品でA列車で行こう9などのものとは違い「箱庭形」というA列車で行こうシリーズのジャンルのものです。

従来の箱庭形作品の要素に加え今作では「観光」という要素が追加されたことが大きな特徴となっています。

シナリオも多数用意されておりそのシナリオに課せられた条件をクリアしていくことがこのゲームのプレイスタイルとなっています。そしてこのシナリオは、ユーザーによっても制作することができます。(詳しくは後述)

また、今作では前作よりも幅広い車両の開発を行うことができ、塗装からライト、パンタグラフまで選ぶことができます!X(旧Twitter)などではこの機能を使い制作した車両を公開している方が多いです。

と、かなり自由度の高いゲームとなっています!

マップ制作と車両開発?

はじまるA列車にはデフォルトでシナリオが収録されていますがコンストラクションというゲームモードがあり、こちらで自分好みのマップを制作することができます。

こちらの写真のように工場街を作って夜景を楽しんだり…

畑と農業が中心で小さな村を作ったり…

他にも自分の思い浮かべた都市を作ることができるのです!

そして制作したマップは公開することができ、シナリオコードを公開することで様々な人たちにプレイしてもらうことができます!

次に車両開発についてです!

これは前作でもありましたが前作より大幅にパワーアップした機能でスッテカーによって車両の車体色から帯まである程度自由に設定できるようになりました!

このように前面をスッテカーによって模様を作ったり

現実に走っている車両を再現したり…

と、自由に車両を作ることができます!

AZU3はどんなことをやっているの?

ここまではじまるA列車についての紹介文を書いてきたわけですが、『じゃぁお前は何してるんだ』ってなりますよね。

私のTwitterを古くから見てくださってる皆様はご存知かと思いますが、主に車両開発機能を使って現実の車両を再現したり架空の車両を制作したりしています。他にもマップ制作や「#はじまるA列車ジオラマ部」という活動を行っています。(最近はマップ制作に専念しているためこちらの活動が少ないですが)

こんな感じで変な車両も作っていっているので私の記事にて列車制作について定期的に話していくつもりです。

現在ではこんな感じのオリジナルマップの方も制作しています!そちらの進捗についてもちょくちょく公開していく予定です!

終わりに

今回ははじまるA列車について話させていただきました!

今後はこのことに関しての記事が多くなっていくかなぁ…と思っております。ぜひ皆様にお楽しみいただけたら…!

それでは今回はここらへんで失礼します。ご覧いただきありがとうございました!

👇クリックで応援お願いします!👇

鉄道コム

👆クリックで応援お願いします!👆

コメント

Subscribe
通知
guest
0 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)