通勤電車の最大遭遇率形式【大手私鉄】

こんにちは、TRAinDATAです。
今回は大手私鉄、通勤電車の最大遭遇率形式を見ていきたいと思います。
(最近やたら題名が長いですね。おそらくシンプルなデータを粗方やってしまい細かいデータばかりになってしまっていることが主因だと思います。)

リクエストありがとうございました!
リクエストに加えて温かいコメントまで…!!ありがとうございます!

それではさっそくデータの方を見ていきましょう。

東日本大手私鉄

東日本大手私鉄はこんな感じ。
気になる鉄道会社に触れてきます。

まずは西武。23%で遭遇率1位になった2000系ですが2位との差はわずか2%。6000系ですね。
置き換えも発表されており今後「西武=黄色い電車」というイメージは変わっていくと予想されます。

今、本サイトで話題の東急5000系はシェアを約半数まで伸ばし1位に。製造年が長いだけあって沼要素が高い車両になっていますね。2位は2020系列の26%と両形式で寡占的な状態となっています。

そして京成電鉄。同社で60%のシェアを誇るのは3000形です。約18年の間、14次車まで増備している辺り、やはり使い勝手の良い車両なんでしょう。

京急電鉄。61%と本データ最大のシェアとなりました。なんと22次車まで増備されている1000形は現在も絶賛増備中です。

その点東京メトロは非常に対照的ですね。路線ごとに形式を変えることで最大でも14%にとどまりました。

西日本大手私鉄

続いて西日本大手私鉄編です。
こちらも気になる点に触れていきます。

まず全体として最大でも30%前後なのが関東大手私鉄との大きな違いでしょうか?
形式数が多く分散している印象です。

どうしても触れたいのは近鉄。形式数が多すぎるが故、最大遭遇率形式でも6%という数字を叩き出しています。東日本でも東京メトロの14%でしたのでこの数字がいかに凄まじいかお分かりいただけるかと思います。

西日本大手私鉄の平均最大遭遇率(もう何言ってるか分からん)が気になったので計算してみたところ22%になりました。東日本大手私鉄平均が37%となりその差は約15%。
西日本大手私鉄の形式が関東大手私鉄と比べて分散しているのが分かりますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。各社の特色がよく分かる結果になりましたね。
皆さんの見解やご感想をコメント欄でお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。

👇クリックで応援お願いします!👇

鉄道コム

👆クリックで応援お願いします!👆

コメント

Subscribe
通知
guest
4 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る
名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/29 18:45

近鉄は形式数そのものが多いから最多遭遇率形式でもかなり低くなるのは当然か

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/29 15:30

東京メトロは無理あるだろ

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/28 20:13

全体比率というのがわからなくはないんですけど、路線によっては100%来ない車種もあるわけですし、こういったのを会社別で比較すること自体が無理な気がします。
申し訳ないけど、リクエストの内容自体に問題があるかと思います。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/28 17:21

同じ企業でも路線ごとに変わりそうですね
例えば東急池上線で5000系列を見る機会がなかったり

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)