複数のLED方向幕を比較してみよう! ~全部同じように見える?はい、「もうよく分かりません(白目)」 新宿幕編~

最初に

本記事に載せているLED方向幕は、私自身が撮った写真や行先表示wiki(https://ikisakihyouji.wiki.fc2.com/)様、次駅表示wiki(https://nextstation.wiki.fc2.com/)様のお写真を参考にドット打ちをして製作しています。決して他人が製作したものを使っておりません。

1. 導入

みなさんこんにちは!Azusaです!!

このシリーズのサブタイトルが若干変わった通り、今回はものすごくやばいものをネタにしちゃいました…(白目)

それがこちらになります。

お使いの端末から大量の新宿幕が検出されました

そういうわけで、今回は新宿幕を比較していきたいと思います!ものすんごく濃い内容かもしれませんが、最後までお付き合いいただけると幸いです。

2. 比較検証

さて、ここからはいつものごとく比較検証していきますよ~

あ、先に言っておきますけど、今回は比較対象が多いので次駅表示付きの方向幕はフレームなしとさせていただきます。

2.1 E233系0番台

最初はE233系0番台です!

2006年に中央本線系統で登場した、E233系シリーズで最も古いタイプとなります。そのくせして始発表示のうち新宿幕だけ「S」が後述するE233系7000番台と同じなんですよねぇ()本当になんでなんだろうか…?

ちなみに中央本線の新宿行きは土休日に「ホリデー快速青梅行き」の送り込み回送を兼ねた列車として3本ほど運転されます。そのため、通勤特快との組み合わせはよほどのことがない限り見ることができません

2.2 E233系3000番台

次はE233系3000番台です!

このシリーズではもはや常連並みに登場回数が多いですね()

0番台との相違点は次駅表示の「Next Shinjuku」の配置が大幅に変わったことですね。

そして、この車両の一番のカオスな部分があります。始発表示(次駅表示なし)と次駅表示の「Shinjuku」を比較してみましょう。

なんということでしょう。

英語表示のドットが森尾中期ROMと森尾初期ROMが混在しているというなんともカオスな表示になっています(白目)

また、「行」にヒゲがないことも特徴です。

2.3 E233系7000番台

お次はE233系7000番台です!

この車両は2013年に登場したので、当然ながらROMも新しいものです。次駅表示の配置は3000番台と同等のものとなっております。

さて、ここで先ほどの発言で何か違和感を覚えた方はもう沼にはまっている証拠ですね(迫真)

ここまでの3タイプの次駅付き英語表示を比較しましょう。

あれれ~流用してるぞぉ~???

そう、この3形式は「For Shinjuku」の部分を堂々と同じものを使用しているのです!やはりJR東日本はこういうところではやる気がないのでしょうか?

2.4 E233系2000番台

お次はE233系2000番台です。

2009年に常磐線でデビューしました。ここまでのE233系との相違点として、小田急線内の始発表示は後述する小田急4000形と同等のものを使用しています。また、「For Shinjuku」のドット配置が微妙に変わっています。比較してみましょう。

「F」の左上1ドットの有無や「hin」の間隔が2ドットから1ドットに変更されていたりと、細部にわたり使用が異なることがわかります。

また、「Next Shinjuku」の表示が0番台と同等のものに戻っています

2.5 小田急4000形

続いては小田急4000形です!

2007年に小田急電鉄~千代田線直通用として登場し、2016年より常磐線にも乗り入れ始めました。ちなみにE233系2000番台も2016年より小田急電鉄に乗り入れを開始しています。

E233系シリーズとの相違点として、次駅表示付きの際の上段部分が「新宿 行」ではなく「新宿」、英語も「For Shinjuku」ではなく「Shinjuku」と、「行」と「For」が抜けていることが挙げられます。そのため、スペースに余裕があります。なんでシステムを統一しないのでしょうか?

2.6 都営10-300形(3次車以降)

最後は都営10-300形です!1・2次車は3色LEDなので、今回は対象外とさせていただきます。

この車両は都営地下鉄新宿線と京王帝都電鉄にて走行しています。京王線の路線体系の関係上、「新宿」と「新線新宿」の2種類の幕が存在します。ちなみに「新線新宿」は笹塚方面(京王)から来た列車が都営新宿駅を終着とする列車のみ用いられ、本八幡方面(都営)からの列車は単なる「新宿」行きとして案内されます。ややこしいですね…

この車両のLED方向幕の最大の特徴は、「文字がでかい」ことです。早速見てみましょう。

でっか

今まで取り扱ったLED方向幕の中で文字が大きいですね。イマイチ大きさがよくわからない人のために、JR車両と比較してみましょう。

やっぱでかいな

E233系よりも文字の縦ドットが上下に1ドットずつ多いだけでこんなにも印象が変わるんですね…()そのせいか10-300形の「Shinjuku」の文字も1ドット下にずれています(白目)視認性向上のためでしょうか?

ちなみにこの車両、種別部分の黒縁も独特なんです。まぁ見ればわかるんですが(テキトー)

そう、直線の部分は連続的に配置されていますが、カーブの部分は黒縁が断続的に配置されているのです!

どうでもいいですが「Shinjuku」の「S」の横幅がでかいですね()

3. まとめ

いかがでしたか?

正直今回は記事書いた人もかなりしんどかったです()まぁそれだけ奥深いということです。

次にこのシリーズ書くとしたらもしかしたら時期が開くかもしれません。首を長~~~~~~~~~~~くしてお待ちください…()

ここまでの長い文章にお付き合いくださり、ありがとうございました。

感想等ありましたらコメント欄に記述してください!

またお会いしましょう!!

👇こちらもチェック!👇

鉄道コム

👆こちらもチェック!👆

コメント

Subscribe
通知
guest
0 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)