東浜急行電鉄 車両紹介〜関東編〜

最近寒いですね…こんにちは。どうもRapid-Expです。

サムネにいそいて゛つくったのて゛さ゛つて゛す。すみません。

今回は、僕が運営している架空鉄道の中で一番発展している「東浜急行電鉄」の車両について紹介して行こうかと思います。架空鉄道の始め方については、後日説明いたします。

先に言っておきますが、僕が運営しているすべての会社において特定の場合を除き現在直通は募集しておりませんのでご了承ください。

さぁて早速紹介に入りましょう

まずは浜急線の代表、港名線からです!

港名線は、埼玉県川口市の八幡木駅から扇大橋や浅草を通り東京、五反田、川崎、横浜 という感じで結んでいます。また、港名線には支線が多すぎるので、ナンバリングが3桁を超えてしまっています…

よく聞かれる由来ですが、港北(綱島のあたり)から横浜経由で海老名を結ぶ予定でした。相鉄線の建設により計画は凍結…今のように狩場までとなり、狩場から先城ヶ島から架空世界へと飛び込んでいます。

ー100000

港名線の中で一番車両数が多い、100000(じゅうまん)形です!こちらの車両は、トイレを設けており、非常に快適な旅ができる車両です。座席は通勤列車と同じですが、畳むことができ、通勤ラッシュにはもってこいです!

ー170000形ー

こちらも主力車両の170000(じゅうななまん)形です!全ての車両が6+4の編成となっており、5,6号車は特急座席となっています。そのため、この車両は優等種別専用として普段は扱われます。(たまに快速で出てきたりします)

次は浜急線の中で2番目に発展している、空港線です。サムネに車両が1つしかないからすぐ終わる?そんなことありませんよ

空港線は港名線より車両がいます。(まじで多くて大変)…

さぁれでは行きましょう〜

ー90000形(初期)ー

こちらは初期の90000形です。全編成トイレ完備でラッシュにももってこいな車両です。

ー92000形0番台&1000番台ー

次に紹介するのは92000形です。左はライト更新、右は第三軌条対応です。

ー92012形ー

なんか形式おかしくなってきましたが気にしない気にしない()

この車両はまさかの連結器埋め込み…やばいですね

ー92014形ー

0番台とパンタグラフの色がちがうだけです。

ー92020形&92041形ー

20形の方からラインつきました。そして41形からは急行デビューに伴って急行灯が取り付けられました。

ー92171形ー

貫通扉にもワイパーが付いたこの車両が空港線の中で一番最新の車両です。割と乗り心地がいいです。

今回はここまでとなります…お楽しみいただけたでしょうか。これを機に皆さんもぜひ架空鉄道を始めてみてください!さようなら〜

ークレジットー

車両デザイン・ロゴ @1000se

この記事を書いた人
Rapid-Exp4009

架空鉄道オタクのらぺっとえっくすぺーです。よろしくお願いします。
愛車が東急の4009編成なので名前に4009を付けてます。
よろしくお願いします。

Rapid-Exp4009をフォローする
記事
\この記事をシェアしよう!/
沿線ちゃっと

コメント

Subscribe
通知
guest
0 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)