山梨県民から見た「快速電車の大月駅直通」~快速電車直通は賛否両論?~

  • URLをコピーしました!

大家好!
いよいよ3月16日のダイヤ改正が4週間後に近づいてきました。
今年のダイヤ改正はJR東日本、京葉線の通勤快速の廃止・快速の大幅減便などで千葉県内の多くの自治体から見直しを求める活動が行われ、ダイヤが急遽一部見直されたという過去にないぐらい改悪になりかけたダイヤ改正となります(結局朝方に2本東京行きの京葉快速を走らせることで少しは落ち着いたようですが…)ほかにも成田エクスプレスの中央線列車が運行を終了(同時に国分寺・三鷹・吉祥寺ではすべての特急が通過)するなど衝撃的な内容も多く発表されました。

このようなことがあった影響で隠れてしまいましたが、2024年のダイヤ改正から中央線快速電車の日中大月直通便が従来の3往復から8往復へ大幅増便されることが決定しています。昔は帰る時などに大月直通便を探しまくっていた人なので、東京駅から毎時1本大月駅行きが出るようになるというのがいまだに信じられないです。

ですがこの快速直通、本線を使用する鉄オタの中では不満や不安になることが複数存在しています。あくまで一部は憶測ですので決まったわけではありませんが、今回は「快速直通により今後中央線快速電車と中央本線はどうなっていくのか」、ということを少しお話させていただければと思います。
なお、もう一度お伝えしますが、一部は予測です。詳細は2月24日のダイヤ改正後時刻発表時に判明しますので、またその時に加筆します。

目次

快速の大月駅大幅直通~コロナはもう明けた

2024年3月15日以前、多くは朝方・夕方~夜中にかけて乗り入れる運行形態がとられており、日中(10時~17時)に大月駅に乗り入れる快速電車は3往復しかありませんでした。
ですが、2024年のダイヤ改正(2024年3月16日)以降は10時~17時に毎時1本が大月駅まで乗り入れる体制がとられることが確定しており、毎時1本は必ず東京行きの電車(快速・中央特快)が乗り入れます。

このほかにも、富士回遊も4往復走ることが決定しており、東京方面からの大月方面河口湖への需要はとても高まっていることがわかります。また、今回の改正は「インバウンド需要に応える」という意味合いもあるといわれています。実際、日中の211系で運行されている一部列車は大月駅で積み残しが発生するほどお客さんが溢れかえっているようです。このような背景があることなどから、大月駅までの乗り入れが増えたのでは?と言われています。コロナが収まりつつある現在。海外からの河口湖観光などを含めた「インバウンド需要」が存在します。E353系3両で運行される特急「富士回遊」のデッキ部にまで外国人や日本人の方が乗車しており、臨時でE257系5500番台(普段は北関東特急に使用される車両)が入るほどです。

他にも、「中央線グリーン車サービス」がいよいよ2024年度末から開始されます。
グリーン車の運用範囲は「中央線、東京~高尾~大月」と「中央・青梅線、東京~立川~青梅」です。青梅線内のみで運行される列車や五日市線にはグリーン車は入線しません。

グリーン車の運用は前述したとおり、中央本線「高尾~大月」も含まれています。いよいよグリーン車導入まで1年を切りましたが、今回のダイヤ改正で大月直通便を増やすことにより、この区間の利用率を調査することが目的なのでは?という意見も存在しています。

快速電車が直通することで中央本線はどうなる?

では、本題に入りましょう。今回の快速電車の大月直通ですが、実は一部の上り列車は本線側の時刻とほぼ被っています。具体的には(現行の平日ダイヤより。)

  • 小淵沢駅10:28発、高尾駅12:53着(甲府11:21発・大月12:17発)普通列車538M(ダイヤ改正後の中央特快の2分前に発車)
  • 大月駅13:15発、高尾駅13:51着 普通列車1458M(ダイヤ改正後の中央特快と丸被り)
  • 甲府駅13:52発、高尾駅15:26着(大月駅14:48発)普通列車540M(ダイヤ改正後の中央特快と丸被り)
  • 大月駅17:29発、高尾駅18:12着 普通列車1462M(ダイヤ改正後の中央特快の2分後に発車)

以上の4列車が被ることになります。今回は「大月以西から直通してくる538M・540M」と「大月駅始発の1458M・1462M」の2グループに分かれて予測していこうと思います。

538M・540M

まずはこの2列車からです。どちらの列車も廃止すると、各始発駅で「日中の高尾行き列車が2時間に1本しか来ない」という状況になってしまうため、廃止になる可能性は極めて低いと思われます。ただし、538Mについては小淵沢〜甲府間で前を走る「長野発甲府行 普通列車(長野〜松本間快速列車 2530M、松本〜甲府間普通列車 432M)」が昔高尾行きだったため、昔のようにくっつくのでは?という説もあります。(もし再度接続したら長野〜松本間快速の長野発高尾行になると思われます。)
少なからずとも538M・540Mは多少の時間変更などはあると思われますが、この時間帯の普通列車が削減されることはないと思われます。

1458M・1462M

続いてこの2列車。こちらの2列車はどちらも統合されて廃止になると思われます。快速電車がこの列車の代替となる代わりに東京駅まで1本で行けるようになりますので、こちらは改悪よりかは改正になるかもしれません。このほかにも快速電車が直通してくることでほぼすべての列車が大月止まりとなり、大月分離が日中も行われるのでは?といった意見もあります。が、大月駅の留置線の形状や豊田E233の本数などを考える限りですとその可能性は極めて低いと思われます。

下り列車については詳細がわからないので省略させていただきます。3月までには「#ダイヤ改正2024 中央線版」として記事を作成したいですね…

快速電車が直通してくるメリット

さて、ここまで快速電車が直通してくると現行のダイヤがどう動くのか、ということを軽く考察してみましたが、ここからは快速電車が直通してくることに対してのメリット・デメリットを考えていきましょう。それぞれ2点挙げてみます。まずはメリットからです。

メリット①
──大月駅から特急券に課金をせず1本で新宿・東京まで行ける!

従来は日中に快速電車が大月駅へ来ることはほぼなかったため、ほぼ必ず高尾駅での乗り換えを必要としていました。
ですが、今回の増便により大月駅で富士急行線から乗り換えたら(中央特快通過駅を除き)もう乗り換えの必要がなくなります。大月駅から立川・三鷹・新宿まで課金をせずに行くことができます。また、下り列車もいちいち高尾で乗り換え無いで済むので、東京→相模湖~大月・河口湖の利用にはうってつけだと思います。

メリット②
──始発駅からずっと座っていられる!

高尾駅。中央線快速電車の始発駅です。「『始発駅だから座れるっしょ!!!』って思ったけど案外混んでて驚いた…。」こんな経験をしたことがある中央本線民は少なくないと思います。
上野原駅あたりから上り列車は結構混み始め、相模湖駅発車時にはそれなりに人が乗っている…なんてことも少なくありません。実際、知らない他の人と相席状態になるのは上野原以東です。

ですが、大月駅から上野原駅まではそこまで混んでいません。10両は少し過剰な気がするぐらいです。つまり…「席はガラガラです。全然座れます。なんなら飯も食えます。」ってかみんな化粧とかしてます。山梨への旅行の際、普段は通勤で使っている電車で少しゆったりする…。そんなことができるのも今回の直通の魅力です。

快速電車が直通してくるデメリット

では、今度は逆に直通してくることで生じるデメリットを見ていきましょう。デメリットは中央線らしい理由となっているかもしれません。

デメリット①
──中央本線・中央線快速電車の遅れが慢性化する。

JR東日本・中央本線。JR東日本の中央本線は多くの路線と直通する、という路線の性質上、どこか一つの区間が遅れるとすべてが遅れるという地獄絵図のような世界が広がります。
例としては「快速で人身事故起きたから本線も15分遅れ~」や「本線で鹿ぶつかったから快速も10分遅れ~」といったところでしょうか。先日の大雪の際にも、中央本線内複数地点での倒竹の影響で、中央線快速電車では「中央線 通勤快速 豊田行」などという普段は運行されない行き先が運行されたほか、高尾駅での本線列車2本停車により高尾駅周辺で快速が詰まるという光景が見られました。

また、中央本線(新線)は塩尻行の列車が存在せず、塩尻まで行く列車は特急含め、全列車が篠ノ井線 松本駅まで直通します。そのため、「篠ノ井線内の遅れや信越本線の遅れが原因で快速が遅れるなんてことも少なくありません。」現在は快速が大月駅までそこまで乗り入れていないため、特急列車が遅れない限り日中に遅れが発生することはあまりありません。ですが、1時間に1本が乗り入れるダイヤになることによって、常に快速の遅れを引き継いでしまうこと、本線の遅れが快速側に響きやすくなってしまうことなどが問題点として挙げられます。ただし、これは大月駅での甲府方面直通の接続を行わない場合、話が変わってくるかもしれません。

デメリット②
──「すべての普通列車にトイレがある。」というわけではなくなる。

中央線快速電車ではグリーン車導入に向けて各編成に「トイレの設置」を数年前から始めています。現在、長野総合車両センターに入場中の「トタH51編成」を最後に改造は終了するようです。
中央線快速電車ではグリーン車の導入に先立ち、青梅線から「青459/659編成→H59編成」、常磐線各駅停車から「マト81/82編成→トタ81/82編成」(半自動ドアの関係上、大月駅にトタ81/82編成は乗り入れません。)、新造の「T71編成」の4本を投入することにより、予備車確保を行っていました。
従来の58本から4本増え、62本で運用を行っていましたが、グリーン車導入は「57編成」予定の為、改造を受けていない「T40編成・H49編成・T71編成・トタ81/82編成」が転属・または廃車となることがほぼ決定しています。なお、この5編成には「トイレが設置されていません。」中央本線で使用される211系電車には和式ですがトイレが設置されています。また、ほかの編成にはトイレが設置されているため、昔のように予め都内でトイレを済ませる必要がほぼ無くなりました。ですが、現在、T40・H49・T71編成はトイレ設置済み編成と共通運用の為、「トイレ行きたくてもトイレが無い」という悲惨な事態に遭遇する可能性があります。

なお、高尾駅から大月駅は最短35分ですが、大概の列車は途中で特急列車通過待ちを行うため、+5分前後になることが多いです。また、多くの駅が無人駅の上電車が30分に1本のため、トイレに行っている暇もありません。実際、中の人も時間が無く、トイレが設置されているつもりで大月行き中央特快に乗り込んだら「トイレが無い!!!!!」となり超絶焦った記憶があります。
ただし、前述したとおり中央線快速へのグリーン車導入に伴い、2024年度末までには全列車にトイレが設置される予定ですので、このデメリットは来年度いっぱいで終了しそうです。(なんなら来年度の途中で終了?)

まとめ

今回は中央線快速電車の大月直通に対する本線民の意見をすこーしだけまとめてみました。ダイヤ改正の時刻発表はもう近づいているため、この予測はあまり意味がないかもしれませんが、記事にしてみました。

そういえば、新設される13時台に新宿駅を発車予定の中央特快大月行き、現行ダイヤだと「209系の固定運用99T」の時刻なんですよね。209系が今の時刻で撮れるのももうすぐ終わるんでしょうか…。今年の秋には引退、とも言われていますので何とも言えないですね…笑

今回の記事、普段執筆している211系中心の記事から大きく逸れましたが、少しだけでもどんなことが変わるのかということが伝わっていると幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!再见!

関連記事↓↓

https://ensenchat.com/%e4%ba%ac%e8%91%89%e7%b7%9a%e5%bf%ab%e9%80%9f%e5%bb%83%e6%ad%a2%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%82%92%e5%8d%83%e8%91%89%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e7%b4%90%e8%a7%a3%e3%81%8f/
この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

中国人じゃないです、日本人です。
中央線沿いで田舎民やってます〜

新着レス

 

イベント一覧

日付 イベント
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)
目次