内装鉄直伝!内装の用語アレコレ【前編】

  • URLをコピーしました!

後編はこちらをクリックしてくださればご覧いただけます。

みなさまはじめまして。17901と申します。早速本題に入ってしまい恐縮ですが、こちらの画像をご覧いただきたく存じます。

今、みなさまの頭上には無数の「」があろうかと思いますが、どうかご安心ください。これからそれなりにご説明いたします。

#1 背ずり/座ぶとん

何やら聞き慣れないワードですが、いわゆる背もたれと同義として良いでしょう。ちなみにクッションの表地は「モケット」と呼びます。ですから、座席の良し悪しを語る際の「モケットが硬い」という言い回しは誤用だとするのが普通です。

#2 座ぶとん/座面

どんなにカチカチなクッションだったとしても、座ぶとんは座ぶとんです。この座ぶとんや背ずりに人一人分の窪みを設け、定員着席促進や座り心地向上の意図を込めたものを「バケットシート」とするのは有名なお話でしょう。

#3 優先席/優先座席

混雑時は携帯電話の電源をお切りくださいね。通常区画の座席とは異なるモケットであることが多く、各鉄道会社局のデザインセンスが垣間見えるポイントではないかと個人的には思います。ちなみに関西は優先座席、それ以外の地方では優先席と呼称されることが多く、地味ながらここでも地域差をうかがえます。

#4 袖仕切り

主に扉横の立席スペースと着席者のスペースを区切る役割を果たします。かつては肘掛けとしてちょうど良い程度のサイズでしたが、ニーズの変化とともに(要出典)だんだん大きくなっていきました。

#5 柱材

大体の場合、これに手すりが設けられます。手すりの長さや位置、カラーリングなどに各鉄道会社局、メーカーの色が出るため、意外と侮れません。日立のA-Trainのソレ、使い勝手はともかく見た目はスタイリッシュで個人に結構好みでした。

#6 荷棚ブラケット

この文脈においての「ブラケット」とは、腕木や腕金、壁から張り出た棚受けを指します。窓の天地寸法が拡大され続けた結果(最近、北部九州や大阪でそのトレンドと逆行した電車も現れていますが、それはまた別のお話です)、また身長の低い方への配慮が行われ続けた結果、荷棚ブラケットはどんどん大きくなってきています。荷棚部分からさらにブラケットを延長し、つかみ棒として使える仕様が現在の(少なくとも関東地方では)デファクトスタンダードとなっていますが、存在感がなさげなのがなんとも悲しいところです。なお「ブラケット」という単語自体は、#9でも登場します。乞うご期待。

#7 照明

白熱電球からはじまって、長い長い蛍光灯の時代を経て、10年ほど前からはLEDを光源とした照明が主流になっています。「関東=蛍光灯カバーはよっぽどのことがなければない、関西=死んでも蛍光灯カバーは守り抜く」というステレオタイプが内装界隈外にも広く知れ渡っているくらいには、センシティブでかつ白熱しやすい話題です。ちなみに、画像の東京メトロ17000系電車はLED照明を採用していますが、LED自慢の設計の自由さを活かして照明器具を天井に埋め込んだ、たいへんフラットな天井に仕上がったのが見て取れます。BIG LOVE……

#8 つり革パイプ

文字通り、つり革をぶら下げておくパイプです。古くは座席前のみに設置されるのがセオリーでしたが、だんだんと扉の前、しまいには枕木方向にまでパイプが通されるようになりました。このパイプを利用した、車外のアンテナで受信したラジオの電波を車内に再放送していた事例が、JR東日本209系電車であったとかなかったとか。

#9 つり革ブラケット

ブラケット、再来。パイプの高さを司っているため、個人的に車内の印象づけには非常に重要な要素だと感じます。パイプが高い位置にあればあるほど見栄えはすっきりしたものになりますし、低ければ低いほどつり革以外の掴まる場所の選択肢が増えるため、極度の混雑にも耐えうるようになるほか、加速・減速時に大きく身体が振られることもなくなります。個人的には、つり革ブラケットは短いほうが好みかなぁ……。ちなみに、かつての名鉄の車両などのように天井から直接つり革をぶら下げ、代わりにこのつり革ブラケットを省略した例もあります。

#10 つり革ベルト

#9つり革ブラケットと合わせて、つり革の床面からの高さが決定されます。したがってブラケットが短ければベルトは長くなり、ブラケットが長ければベルトは短くなります。ベルトが左右に広がるのを嫌ってか、画像の東京メトロ17000系電車のようにサヤ(留め具)をつける車両も少なくありません。

あとがき

 いかがだったでしょうか。ものすごくメタいお話にはなりますが、本来は前後編と分けるつもりはなく、一体の記事としてみなさんのお目にかかる予定でした。しかしいざ投稿の予約をしてみると、2ページ目にジャンプする動作がうまくいきません。沿線ちゃっと関係者様方に報告しても、どうやら私の環境と同じ挙動を示すようでした。いわゆる「おま環」とは言われずに済んだものの、この不具合が発覚したときは実に心が折れました。なんせ三か月前後も温めておいた記事なのですから。苦肉の策として、このように記事ごと二つに分割することになりました。かつて存在した、通勤快速高麗川・武蔵五日市行みたいですね。
 当記事は元の記事の1ページ目、次回の記事(後編)は元の記事の2ページ目を再編集したものになります。どうかご了承くださいませ。後編はこちらをクリックしてくださればご覧いただけます。
 記事に関するご質問や訂正のご依頼、苦情は、お手数ですが筆者のTwitter(X)のアカウントをメンションしたうえでお伝えくださいますようお願いいたします。 

以上
 

お世話になった文献一覧(前後編共通)

(リンク切れ等ありましたら、こちらもお手数ですがご連絡くださいませ。)

https://trafficnews.jp/post/86418/2
https://ejje.weblio.jp/content/Bracket
https://bunken.rtri.or.jp/doc/fileDown.jsp?RairacID=0004005743
https://mikami-kakouzai.co.jp/products/product_tsurite.php
https://www.sotetsu.co.jp/design-pj/9000/
http://www.kk-asayama.jp/parts.html
https://www.j-trec.co.jp/company/070/01/jtr01_58-63.pdf
https://www.jreast.co.jp/press/2009/20091217.pdf
https://www.jreast.co.jp/press/2010/20100403.pdf
https://www.mlit.go.jp/tetudo/content/001487969.pdf
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023101400357&g=soc#
鉄道ピクトリアルNo.889 【特集】車両の客室 P64

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。17901と申します。
普段はTwitter(旧:X)にて鉄道車両の座席や内装、走行音などを話題の主軸に据えて活動をしていますが、たまにこの「沿線ちゃっと」にも顔を出して記事を書くことがあります。

新着レス

 

イベント一覧

日付 イベント
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)
目次