京阪車両解説特急編〜思ったより奥深い〜

こんにちは、がんばりんぐです。

皆さんは関西私鉄といえばなにを思い浮かべますか?

高貴なマルーンを纏った阪急、ブレーキ方式ガン無視連結の近鉄、なんでや阪神関係あるやろの阪神、台車沼深すぎ南海…そのほか神鉄や山陽、京福や叡電、私鉄王国関西というだけあって、私鉄が幅を利かせています。

そんな中、車両のサービスや、形式が多く、いつまでもズブズブ深く入り込めてしまうとある大手私鉄があります、それが京阪です。

今回はそんな京阪の最初の入門として、京阪特急の顔、京阪8000系と、紆余曲折を得ながら、快速急行を中心に、特急にも就く京阪3000系をまとめてみました。

京阪3000系

これは京阪3000系です

京阪3000系は3001〜3006の6編成が在籍しています。

基本的に8両編成の3000系は2008中之島線開業時、シンボルとして、中之島〜出町柳間を快速急行として走っていましたが、中之島線に乗客が来なかったため、採算が見込めず、やむなく特急を中心として、朝夕に一部の快速急行や通勤快急、そして送り込み運用の普通か区間急行に就くようなダイヤとなっていました。

ですが、2021年1月、プレミアムカーを付けたのと同時に、快速急行や間合い運用が消滅、全列車特急運用になってしまいました。

しかし、2021年9月25日、京阪に大規模なダイヤ改正が起きます。

これにより、京阪3000系は朝夕の一部を除き、日中は専ら快速急行に就くようになりました。

そして、2023年8月に京阪のダイヤ改正で、特急運用の割合が増え、今に至ります。

そしてこの3000系、少し沼要素があります

時系列順に行くと中之島線開業まで遡ります。

2008年、中之島線開業に合わせての一番列車を3000系にしよう!という話になりました。

ですが、一番列車は7両編成、普通出町柳行き、8両は入れることができません

なら7両編成の運用を8両にするだけでいいじゃないか!となりますが、京阪電車の一部の駅は8両編成に対応していません。

なので、京阪は8両の3000系を編成組み替えで7両にして、一番列車に投入、無事中之島線と共に華々しいデビューを飾りました。

その後も、やはり編成組み換えが多い京阪、2010年、七夕伝説がある交野線の臨時列車に3000系4両による臨時普通や臨時快速特急などを運転させました。

そして京阪3000系は2021年のプレミアムカー導入にて全6編成の中間車が1両ずつ余剰になってしまいました。

まだ運用開始から13年の新品、無駄にするわけがありません

でもどうするの?どこに入れるの?

一般車入れちゃいました

なんで!どうして!

でもこれにもちゃんと理由があります

現在京阪では6両編成が一部存在しており、この6両編成を7両編成にしたいですが、編成内での車両の年齢差を極力小さくしたいという京阪の思惑からか、なぜか一度2012〜2017年製の車両を経由しているようです。

こうして紆余曲折あり、現在の京阪3000系があります。

京阪8000系

京阪の看板特急!京阪を少しでも知ってるなら見たことない方はいないかと思います。

こいつは3000系よりも沼です。

この車両の歴史を語るには、8000系導入直後まで遡ります。

1989年、鴨東線開業と同時にデビューした8000系は、もともと1編成だけの導入の予定でした。

ですが、お客さんからの人気がすごかった京阪8000系は、この電車に乗って、座りたいお客さんが淀屋橋駅や出町柳駅に殺到し、旧3000系には見向きもしない状態になり結果8000系特急は常に混んでる状態でした。

なので京阪は8000系を追加増備し、3編成まで増備することができました。

ですが当時の京阪は、鴨東線開業直後で、資金面など今から頑張らなければならず、8000系を1から製造するのは不可能に近い状態でした。

ここで白羽の矢が立ったのが、この旧3000系です(今もくずはモールで簡単に見れます)

白羽の矢って、置き換えられるんじゃないの?と思う方も多いと思います

ですが、当時、旧3000系はまだ20歳程度、廃車にするには勿体なさすぎます

なので、旧3000系の台車を流用し、作られたのが8004〜8010編成です。

そんな8000系にも2回ほど転機が訪れます

一度目の転機は、1998年のダブルデッカー導入です。

ですがダブルデッカーはカーブが多い京阪では、天井が当たらないかという懸念点があり深夜にカーブのある御殿山駅に止まって検査したりしていたようです。

2つ目の転機は2010年ごろ、実は新塗装化とほぼ同時期に、リニューアルを受けています

具体的には、化粧板の張り替え、座席モケットの張り替え、フルカラーLED電光掲示板の設置など、かなりの大改造を受けました

そして2020年にプレミアムカー改造を受けたりなどして、今の形態があります

今年で35歳ですが、置き換えの噂はなく、このまま40歳50歳と頑張ってほしいですね。

あとがき

どうでしたでしょうか?今後も京阪の車両解説を続けていこうと考えています。

次回はおそらく1990年代〜2000年代に製造された俗にいうイケメンシリーズについてまとめたいと思っています!

ではまた〜

コメント

Subscribe
通知
guest
2 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る
名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/21 00:57

8000系のプレミアムカー改造は2017年ごろですね。3000系は液晶設置も印象的です。8000系は旧3000系に組み込まれた車両がいたことやテレビカー…京阪はやっぱり面白い

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)