京阪沼の王道!京阪イケメン顔!

みなさんこんにちは、最近京阪に行けてなくて素材不足のガンバリングです。

今回はズバリ、京阪のイケメン顔についてです。

私は0歳から京阪沿線で育ってきましたが、イケメン顔を区別できるようになったのは10歳頃です。

今回はそんな京阪のイケメン顔、7200系、9000系、10000系についてまとめたので、ぜひご覧ください!(ちなみの参考程度の見分け方も解説します)

7200系

まずは京阪7200系からです。

7200は現在残存してる中では最も少数派で、1995年に8両編成2本、7両編成1本が製造されました。

ですが、現在は全編成が7両編成となっています。

え?8両から7両になった時の2両はどこに行ったか?

その2両はあとで説明します。

車内ですが、7200系はお客様皆様に優しい車両を目指しており、京阪初の車内電光掲示板(3色LED)を搭載した他にも、バケットシートにより何人座れるかを明確にしたりしてたり、各号車の大阪側に車椅子スペースを設置したりしています。

京阪9000系

かっこいいすごくかっこいい

取り乱しました。

9000系はラッシュ時の特急で乗降時間が長引き慢性的な遅延になる8000系特急を置き換える名目で登場しました。こいつも元々は5編成全部が8両編成だったのですが、今は7両編成が4本、8両編成が1本となっています(2023年1月時点)。消えた4両はどこに行ったかはあとで説明します(二度目)

セミクロスシートとして登場した9000系ですが、車内は転換クロスシートではなく、固定式のクロスシートでした。

個人的には十分だと思いますが、やはりサービス精神の関西圏、しかもライバルは阪急6300系や117/221/223系(当時)ということもあり、見劣りするのは必然であり、利用者は9000系の特急を嫌い、8000系の特急ばかり乗るようになり、結局8000系の特急の混雑は改善されませんでした。

結局、2008年に前回解説した3000系により置き換えられてしまいました‥。

3000系を解説した前回もぜひご覧ください!(唐突な宣伝)

京阪10000系

愛車可愛い愛してる❤️

また取り乱してしまいました。

10000系は2002年に4両編成が6本製造され、全編成が交野線に配属されました。

この京阪10000系は実はコンプレッサーや棒連結器などを1900系から流用しており、コンプレッサーだけ60歳の2003年生まれという迷仕様となっています。

制御機器についても、約40年前に生まれた2200系電車に比べ、45%も電力消費量を削減できます。

あれ?上の写真は4両じゃなくて7両だって?3両はどうやって生み出したんだ?

そうここで7200/9000系で消えた4+2の6両編成の登場です。この6両は、10001f、10002fに3両ずつ組み込まれ、4両を7両編成に組み替え、元々支線ばかりだった10000系を本線に追いやりました。

んでどうやってみわけんねん

見分け方ですが、10000系と7200/9000系はクーラーが違います。

クーラーが2つに分かれていたら10000系、クーラーが一つに繋がってたら9000\7200系です。

問題は7200と9000系です。こいつらはまじで誤差です。

スカートにも違いがあるようですが、9000系は元クロスシートだからか、車端部の窓の間隔が狭いです。それに対して7200系は広いです

あとがき

いかがだったでしょうか。今回は京阪沼の王道、イケメン顔シリーズをまとめてみました。

次回は、深すぎるとこに行く前に!分類わけできない孤高シリーズ(6000系/7000系/1000系/13000系)についてまとめようと思います。その後は京阪の深すぎる沼について解説する予定です。

皆さんもぜひ京阪に来たときはイケメン顔を見分けて見てください(無理ゲー)

ではまた〜

コメント

Subscribe
通知
guest
0 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)