千葉市民が紐解く「京葉線快速廃止問題」

初めまして。富士山疾風人と申します。
千葉市を拠点にフレキシブルな目線で見ていいこうと思います。
今回はワイドショーなどで取り上げられた「京葉線ダイヤ改正快速廃止問題」について
いろんな視点から見ていこうと思います。

京葉線の概要

 京葉線は東京駅を起点として、東京ディスニーリゾートを有する浦安市や大規模物流拠点を有する市川市、ららぽーとやスウェーデン家具専門店「IKEA」のある船橋市などの東京都と千葉県北西部のベイエリアに沿って千葉県千葉市の蘇我(そが)駅を結ぶ43.0kmの路線です。

 京葉線の一部列車には蘇我駅より先、同じく東京湾沿いの都市を経由して安房鴨川へ至る「内房線」や九十九里海岸に沿って走行し、上総一ノ宮や勝浦を経由して安房鴨川へ至る「外房線」、さらに外房線大網駅からさらに海側の東金市を通る「東金線」などの路線に直通しており、物流に目を向ければ京葉工業地域にて貨物輸送を行う京葉臨海鉄道からの貨物列車も走行する路線となっております。

 また、京葉線には東京メトロ東西線と中央・総武線各駅停車に接続する西船橋までの「支線」が存在しており、ご利用されております方々の読みやすさを優先し「東京から蘇我方面を“京葉線”」「東京駅もしくは海浜幕張方面から西船橋方面を“武蔵野線”」と呼称させて頂きます。

「終わらぬ戦い」の始まりと現状

 事の発端は2023年12月15日にJR東日本が発表したダイヤ改正に関するプレスリリースにて「京葉線の通勤快速ならびに朝夕ラッシュ時の快速廃止」という記事を「X」へ投稿したことに始まります。

 一部の鉄道ファンの方々によりSNSへ発信され、それを見た京葉線を利用して東京都区内に通勤される方や都内から転居されてきた方より「なくなると通勤ができなくなって困る」「せっかく買った新居から引っ越しをしなくてはならない」などの不満の声が続々と投稿され、発表から72時間という驚異的な速さで熊谷千葉県知事や神谷千葉市長なども「公共交通の根底を揺るがすものであり、とても容認できない。」という声明を発表。ここからJR東日本千葉支社vs千葉県ならびに沿線自治体や沿線企業の「交通冷戦」とも呼べることが幕を開けてしまいました。そして「ワクワクぞくぞく京葉線」ならぬ「ブーイング続々京葉線」となってしまったJR東日本千葉支社は早朝オフピーク時間帯に上総一ノ宮駅と君津駅を始発とする快速のみ運行を継続する前代未聞の対応をするも「そもそもの根本が違う。到底納得がいかないものである」として千葉県ならびに沿線自治体からの反対が多く収束が見えない状況です。

京葉線の現状

では、2024年2月現在の停車パターンはどうなっているのかを確認してみましょう。

  • ラッシュ時間帯
    • 6時30分〜8時30分まで蘇我駅を始発とする京葉線は全て各駅停車で運行
    • 蘇我駅基準6時台には特急列車2本(わかしお2号・さざなみ2号)と上総一ノ宮駅・君津駅を始発とする京葉線直通快速列車2本が運行
    • 蘇我駅基準7時台には特急1本(さざなみ4号)と通勤快速2本が運行
  • データイム時間帯
    • 蘇我駅を始終着とする列車は快速列車と各駅停車が15分に1本発着
    • うち1本外房線に直通し海浜幕張から上総一ノ宮を各駅停車に停まる快速が運行
    • 快速の停車しない駅を補完するため、海浜幕張駅を始終着とする列車に同駅にて接続

 このメリットは「東京都心へのアクセス向上」が大きく関与しており、列車の接続や複雑かつ短時間にも関わらず、階段を使った乗換、ラッシュ時間帯における快速通過駅の利便性向上、着席通勤需要への対応など未南西ではあるものの遠近分離や緩急接続などのバランスの良いダイヤを組むことができます。

 ただデメリットとして、蘇我駅においては外房線と内房線を走行する列車と千葉方面と京葉線を走行する列車が蘇我駅の構造上平面交差するため首都圏で多く使われている「パターンダイヤ」と呼ばれるダイヤ方式を採用できないとこに加え、武蔵野線方面から東京駅や海浜幕張駅を目指して走行する列車や貨物列車も走行するため、考慮すべき点が多くあるということで「スジ屋泣かせの蘇我駅」という言葉もあるようにバランスが取りづらいという事もあります。

「通勤時間120分ルール」という暗黙のルールと「都心まで最速〇〇分」というキャッチフレーズ

 皆さんは履歴書を書くときに「通勤時間」という項目があるのを意識したことはありますでしょうか。この項目は自宅から会社までの「Door to Door」でかかる所要時間を記載するものです。その基準となるのが「120分(2時間)」であり、この所要時間を基準として採用や配属先を決定する民間企業も多くありません。さらに住宅地の販売において「都心まで最速〇〇分」という記載が多く、就職活動や進学を機に転居をする際に決める一つの項目となります。特に、多く企業が集中する路線を有する路線には大々的に記載されることが多くあります。

快速や通勤快速を「各駅停車」にするとどうなるのか。

では、通過駅を伴う快速や通勤快速を全て各駅停車にするとどうなるのでしょうか。

 メリットとして今まで遠近分離で通過していた地域に対して停車本数が増大することで鉄道利用者の利便性は向上し、ダイヤ調整も容易にはなります。ただ、これは鉄道事業者目線での話です。

 一番の問題は「所要時間の増大」です。前述の通り「都心まで最速〇〇分」という広告で都心から郊外へ転居された方がコロナ禍を中心に多く、2023年からコロナ対策が緩和されたことで在宅勤務やテレワークをやめ、通常出勤とする会社が多くなりました。そこで遠近分離の要となる快速や通勤快速を廃止すると、単純に所要時間が増大し、今までは通勤出来ていた通勤利用者が通勤困難となってしまい、企業側としても配慮義務が発生する他、職場への通勤圏内まで転居を余儀なくされます。

 さらに、地方自治体からすれば「職場近隣へ転居をする」ということは人口が都心近隣へ流出・流入することにより都心への通勤圏外と成ってしまった自治体は過疎化が急速に進行し、都心近隣の自治体では転入こそあるものの、人口密集に伴う子育て世帯への対応や、小学校の受入増大に伴う改修工事などが発生するため、短期的かつ突発的な対応が困難となるだけでなく、今まで以上に住宅地区にある鉄道駅では混雑が悪化してしまい「負のスパイラル」となって結局地方自治体の負担が増大してしまいます。

まとめ

 今までは「ダイヤ改正」と言っても「明るい話題」全面に推し出されて、不便となることに対してアクションを住民、鉄道利用者、地方自治体などが目を向けることはありませんでした。しかし、今回のような資産価値や利便性、果ては地方自治体の行末に大きく左右される事態となることをご理解いただけたかと思います。「京葉線ダイヤ改正問題」については数回ほどシリーズで公開してまいります。
次回の記事は下のリンクからご覧いただけると幸いです。

サムネイル 羽沢
文章・構成 富士山疾風人

👇クリックで応援お願いします!👇

鉄道コム

👆クリックで応援お願いします!👆

  • 秩父鉄道 秩父路快速 団体臨時列車 運転

  • 名鉄 1200系 新鵜沼~枇杷島分岐点~名鉄岐阜間 団体臨時列車 運転

  • 特急 水戸偕楽園高尾号 運転

  • ELあしかが・両毛 運転

  • 221系 B2編成など 回送

  • E235系1000番台 J-30編成 配給輸送

  • E233系 H51編成 回送

  • 185系 団体臨時列車 運転

  • 227系500番台 出場試運転

  • 西武 4000系 池袋線など 団体臨時列車 運転

コメント

Subscribe
通知
guest
10 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る
名無しが通過します
名無しが通過します
2024/02/16 07:29

wikipediaから画像を引用するなら出典元を書いたほうが良いのでは?

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/02/14 15:00

すごくぶっきらぼうな言い方をすると、京葉線に乗らなければ(=不乗運動)JR東日本も分かるような気がしますが…。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/02/12 16:42

早く着きたきゃ特急乗ればいいだけでは?
JRもそうして欲しいのでしょうし。
反対の神奈川は特急で通勤している人も多いのだし。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/02/12 21:33

それなら特急を新木場と八丁堀に停車させないと日比谷線方面とりんかい線方面への需要を満たせません。(また総武線快速も同じく両線への乗り換えが弱いです)
特急湘南やはちおうじ・おうめの導入時は「便利な特急で快適な通勤」を全面にPRしてたのに対して今回はそうしたアピールが特にみられなかったことから、「JRもそうして欲しい」かどうかは疑問視せざるを得ません。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/02/12 12:07

ピンポイントで負の部分だけを大きく取り上げる傾向が大きいと思う。実際に現在でも朝の通勤時間帯は、通勤快速も快速も朝は外房・内房それぞれ一本ずつしかない。これにみんな乗っているのかと言うと疑問である。この快速の乗車率は?各駅停車に比べてどうなのか?総武線経由の快速との比較は?JRも公共交通機関ではあるが、上場会社でもある。問題は複雑ではあるが、キチンとした目線で見てほしい。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/02/12 22:20

朝の快速は新木場乗換の臨海部地域や渋谷・新宿方面への通勤需要を担っており、想像以上に混雑しますよ。対東京ばかりでなく、新木場・八丁堀といった途中駅利用も考慮するべきです。こうした需要を総武線や東西線で完全に代替できますか?たかが1本でも、遠距離通勤の人々にとっては大事な1本です。

今改正のメリットとされる快速通過駅の停車本数が増えるというのも、所詮はデメリット隠しです。JR東日本が隠しているだけで朝の優等待避は無くなりませんし、朝・夜の各駅停車も減便されます。通勤快速の代替となる特急も、座席数は今の半分以下で所要時間も増加しており代替としては不十分です。改正によるメリットが利用者にとって限定的すきるので、負の部分が目立つのも仕方ないと思います。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/02/12 23:32

電車が無くなるわけではないので、快速でなくても通勤できますよね?記事で記載されている京葉線を利用して東京都区内に通勤される方や都内から転居されてきた方より「なくなると通勤ができなくなって困る」「せっかく買った新居から引っ越しをしなくてはならない」というのは煽りで言い過ぎではと思います。需要があれば減らさないと思います。伸びる見込みがないから減らすのだと思います。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/02/13 00:21

夕方下りの電車は武蔵野線と快速は混んでいて各駅停車はそれより明らかに空いていますので需要はあるかと思います
空いているものを減便廃止ならまだしも、混雑しているものを廃止するのに説明不足感は否めません

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)
3月4日(月)
3月5日(火)
3月6日(水)