京葉線の通勤快速 実際どうなの?②

こんにちは、京急好きです。
今回は内房線の通勤快速に乗ってきたのでその感想を書いていこうと思います。
①は外房線通快に乗った感想を書いているのでぜひ見てください
下り列車も書こうとは思いましたが、乗ると帰る時間が遅くなるので今のところ書く予定はありません。

そもそも通勤快速とは

そもそも通勤快速が設定されたのは京葉線が全線開業した1990年です。
この当時、通勤快速の停車駅は東京、八丁堀、蘇我であり新木場駅を通過していました。通勤快速の設定目的が外房・内房線沿線から東京方面への通勤を考え、遠近分離を意識した結果蘇我から八丁堀まで通過するという15駅連続通過するバケモノ種別が作られました。

新木場駅を当初は通過していましたが、有楽町線とりんかい線の乗り換え需要が増えたことで2004年には新木場駅が通勤快速の停車駅に追加され、現在の通勤快速の停車駅になっています。
現在は蘇我~新木場間の12駅連続通過となっており、新木場駅で前を走る蘇我駅7:26発の列車は新木場駅まで47分に対し、通勤快速は32分と15分も早くなっているので遠距離通勤者にとっては大変ありがたい列車となっています。

実際に乗ってきた感想

現状の内房通勤快速は要らないと思います

この写真は君津停車中に撮影したものです。
君津、木更津である程度の客は乗ってきましたが、席は5割程度しか埋まっておらずこのあたりでは「座って通勤」できるような状態でした。
このあたりは通勤快速の強みだと感じました。

この写真は長浦~姉ヶ崎間で撮影したものです。
袖ケ浦で大体の席が埋まり、立ち客が出てきました。この先の乗客は増え続け、五井や八幡宿あたりでは撮影できないほど混んでいました。しかし、降りていく客もある程度はいて、このあたりは内房線内の通勤需要だと感じました。

この写真は新木場~八丁堀間で撮影したものです。
個人的には蘇我時点は外房線通快よりも混んでいて新木場で多く客が降りたように感じました。乗ってくる客はあまりおらず、外房線通勤快速よりは立ち客が少ないように感じました。

まとめ

内房線通勤快速は外房線通快よりも京葉線外需要が多いし、京葉線の需要も多いように感じた。
蘇我で大量に降りていったのは千葉方面で学校や勤務場所があるからだと考える。

前回内房通快に乗ったときは雪の日で乗る人が少なかったかもしれなく、他の日に乗った日は京葉線の乗客も多かったです。内房通快はやはり、外房通快と違って内房通快と違って乗り換え回数を増やさないと内房通快よりも早くつけないので、京葉線内の需要も予想通り多かったです。

内房線通勤快速は海浜幕張で普通列車を抜かしており、通勤快速を海浜幕張に停車させて普通列車に接続させるだけでも需要は増えるように感じた。
現状通勤快速は蘇我で降りる人が多く、内房線・外房線内の通勤列車として利用している客が多いと思った。蘇我~新木場以西を利用する人は蘇我から乗ってくる人が多く、内房線・外房線内から京葉線の新木場以西に行く人はあまり多くないように感じた

ここまでお読みいただきありがとうございました。

👇クリックで応援お願いします!👇

鉄道コム

👆クリックで応援お願いします!👆

コメント

Subscribe
通知
guest
0 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)