ウグイス色の電車の歴史

おばんでございます。JREast Series600です。

さて、ウグイス色の電車といえば色々ありますが多くは山手線の色というイメージが強いのではないでしょうか。実際ウグイス色の電車が初めて登場したのも山手線で1963年に103系が初めて纏ったのがウグイス色の電車の始まりで,以来山手線=緑色の電車というイメージが定着します。ヨドバシカメラの歌の歌詞にも「まるい緑の山手線(やまてせんorやまのてせん)」とある為101系や103系の登場によって電車の色のイメージが定着し現在まで受け継がれたりしているのです。

じゃあそれ以前の山手線の電車の色は何だったのか?それはカナリアイエローです。黄5号を纏った101系がそれまで運用されていました。しかし101系は103系迄の繋ぎであったようで103系登場後暫くは共存していましたが1968年までに撤退しています。

ところで、ウグイス色の電車は横浜線や関西本線(大和路線)でも見られる物なんですが一つ気になった事がありまして。ウグイス色の電車がそれぞれで登場したのがいつなのかって事です。それで色々調べてみました。

山手線(1963年)

仙石線(1967年)

呉線(1970年)

横浜線(1973年)

関西本線(1973年)

可部線(1976年)

赤羽線(1978年)

埼京線(1985年)

川越線(1985年)

奈良線(1994年)

八高線(1996年)

おおさか東線(2008年)

ざっとウグイス色の電車が走っていた線区はこれぐらいあるのですがこの中で特に驚いたのが山手線に次いでウグイス色の車両が走り出したのがなんと仙石線という事なのです。まさか仙石線が2番目とは。初めて知った時は思わず声が出てしまいました。その仙石線で初めてウグイス色を纏ったのはクモハ54・クハ68で早い段階で72系にも波及しています。しかしこのウグイス色、緑の多い場所ではどうしても保護色になってしまうようで、仙石線と関西本線では黄色の警戒色が前面に、呉線と可部線では前面窓以外の前面にバーミリオンの警戒色を纏っていたそうです。しかし現在,仙石線、呉線、可部線、埼京線、川越・八高線、横浜線、奈良線、おおさか東線ではウグイス色の電車・またはウグイス色単色の電車は既に無く、別の色になっているかウグイス色が残っていても別の色が追加されていたりしています。その為,純粋なウグイス色の電車が走るのは始まりでもある山手線だけとなっているようです。

👇クリックで応援お願いします!👇

鉄道コム

👆クリックで応援お願いします!👆

コメント

Subscribe
通知
guest
0 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)