イラストで見る東急5000系

こんにちは、えふせんです。

皆様は、東急5000系という車両をご存知でしょうか。田園都市線とか東横線で走ってるやたら数が多いアレです。この東急5000系とその仲間たちというのは、車両の組み替え経歴があまりにもおかしいことで有名だったりします。「イラストで見る東急の沼電車」第一回では、そんな組み換えを経た今の東急5000系を見ていきましょう。

ちなみに、私がライターとして一番書きたかった東急沼記事だったりします、5080系まで続けばいいなぁ。

今回はこういったスタイルのイラストで紹介をしていきます。こちらの基本紹介があると格段にわかりやすくなると思うので、何か困ったらここまで戻って来ましょう、皆様が2、3回戻ってくることを予想しておきます。

色々異端…?トップナンバー

5101編成、異常な量が増殖した東急5000系の原点ですね。トップナンバーありがちということで、特異点が結構いっぱいあります。

前面の特徴としましては、FRPはゴールド感のあるシルバー、スカートは通常タイプ、また、分かりづらいですが種別と運番の間に黒いフィルムが貼ってあります。これは種別が幕だった編成に見られる特徴ですね、これらは初期車の特徴です。

側面の方は赤帯が太く、窓付近はつや消しのダルフィニッシュ仕上げ、ドア窓は単層ドアと、当然ですが、THE初期車といったところですね。

編成表を見てお分かりの方もいるかもしれませんが、この編成は5000系の中で唯一編成組み換えを経験したことのない編成です。6ドアとかいう諸悪の根源のおかげで、ノーマルだったこの組成が残るのはこの5101編成ただ1編成のみです、かなしい。

この編成だけの特異点が2箇所あります、赤い矢印がありますね。さっそく見ていきましょう。

①帯端の処理

分かりづらいですが、帯の端が車体の端より少し内側で終わっています。これは5101編成のみで見れる特徴となっております。赤帯も同様なのですが、連結面注意喚起の黄色テープの影響でそちらは少し見にくいですね。

②側面種別表示器のR

側面表示器は初期車特有の分割式ですが、5101編成は種別表示器の方の隅にRがついています、結構キツめです。「その程度…」と思うかもしれませんが、実車を見ると案外違和感がクソデカだったりするものです、是非見てみましょう。

※他にも側面灯具の周りだけ帯が途切れてたりします、これ以降の編成は帯が灯具を貫いています。

整った編成の裏には…? 2次車統一編成

一見綺麗な編成に見える2次車統一編成、5102編成と5103編成が該当します。

編成上の仕様もほぼ揃っており、組み換え歴がないようにも見えますが、6ドア車を2両組み込んでいた経歴を持ちます。そのため、サハが4、5、8号車にくる6ドア編成スタイルながら、編成の仕様はほとんど統一されている編成というよくわかんない電車になっております。

側面はスタンダートな初期車仕様、行先表示器は分割式ですね。分割式の編成ということで、5101編成と同じく前面の種別と運番間にフィルムが貼ってあります。次の項目でもこの部分の仕様は同じです。

出たな6ドア代替中間車 2次車元6ドア3両込編成

ついに出ました、6ドア殺戮兵器、13次車。サハ以外の編成は先ほどの2次車統一編成とほぼ同じなので、そちらは割愛しますね。

増備中間車は6ドア置き換え用に近年製造された中間付随車です。窓周りの表面が光沢仕上げとなっている点、窓に被さるハイバックシートとヘッドレストなどが目立ちます。編成によっては6ドア車の廃車発生品を使ってる車両もいたり。ハイバックシートの裏に入る「TOKYU CORPORATION」のマークがかっこいいです。

これから先の田園都市線の5000系のサハは全てこの仕様です、その点を覚えておくと楽かもですね。

(田園都市線の強調は後でわかると思います、ってか察してる人もいるんじゃないかな)

行先がフルカラーになって現代的に、4次車編成

サハは先ほど言った通り、そしてサハ以外の車両でもフルカラーLEDの一体型行先表示器が採用されていますね。相変わらずそれ以外の仕様は初期組なのでアンバランスな感じは抜けることはないですね。仕方ないですが。

前面では、FRPがシルバー単色に、さらにフルカラーLEDの採用により今まで運番と種別の間にあった謎のフィルムが消えました、今後の車両で復活することはありません。

4次車とどこが変わった? 5次車編成

5次車です、4次車から内装、機器類などの細かい点が変わったのですが、今回の紹介スタイルだとマジで変化が出せませんでした。正直なところ、若干違うけどほぼ同じという感覚でも大丈夫だと思います。

4次車もそうですが、この辺の編成は運番が最近白色LEDに換装されています。

ドア窓が複層に、6次車編成

6次車編成です、ドア窓が複層ガラスになりましたね。あとスカートの切り欠きに謎の蓋がついてます。これは6次車の特徴だったりします、4112F(旧5166F)以外には基本的にこれがついてます。

だんだん仕様が増備中間車に追いついて来ましたね、まあ最後まで追いつくことはないんですが(超ネタバレ)

真打登場強化スカート、7次車編成

はい、クソかっこいいことに定評のある強化スカートが登場です、マジでかっこいい。

強化スカートが採用された他にも、前面貫通扉の非常用ハシゴの形状も変わってますね、5050は異常なスピードで古いタイプのものもこれに交換されているので、いずれ5000の初期車も交換されるかもですね。

ここで田園都市線の5000系は終わりです、田園都市線のは。

では、正直皆様もお察しでしょう、東横線の5000系コーナーに移りましょう。

東横車と6ドア足りなかったから…8次車ボロサハ編成

副都心線直通に向けた増発、9000系置き換えに向けて大量に車両を必要とした東横線。ですが、東急が大株主の日本航空がこの時期に倒産。経営的にピンチもピンチ、ただでさえ東横線にも10両編成を用意しなきゃいけないのに、8500系の置き換えに田園都市線で金を使えるほどの余裕はありませんでした。その結果が5000系4本の東横線転入、並びに余剰中間車の5050系編入という結末です。

そんな東横線5000系、中でも強烈なボロサハ入りの2編成、5118Fと5119Fです。

8次車の編成中、サハ2両は2002年度製造の初期車です。東急らしさが出て来ましたね、まあ東急5000系なんて付随車ならどこにでも繋げられるようなもんですが。

ちなみにこの編成のうち、5118編成はなかなか強烈な特徴を持っています。この編成のサハ5418は田園都市線時代に踏切事故で総合車両製作所(当時東急車輛)に陸送し車体を代替新造しており、もう一方のサハ5518は西武線内の事故で総合車両製作所に陸送の上で修理がされています。編成内のサハがどちらも初期車、かつ陸送経験を持つとかいう癖つよつよな編成ですね。

東横5000系のオアシス、5121F

マジで編成が綺麗

7次車が1両混ざっていますが、7次車と8次車の違いは内装の一部のみ、外観を見る今回の記事では、初期3編成と並ぶ珍しいまともに整った外観の編成です。

東横線の5000とかいう魔境の中では、マジでオアシスですね、これ以外の編成は表面処理違うわ2次車入ってるわですし。

カエルの下に潜む光沢仕上げ、5122F

ただただアオガエル、それだけ。

って思う方もいるかもしれませんが、実は5122編成、ラッピングの下には5000系の編成単位では珍しい窓周りもベルトグラインド仕上げ(光沢仕上げ)の編成だったりします、5号車以外は。

ここで5号車だけちゃんと窓周りが艶消しなのが東急車らしいですね、実車のラッピングは延長に延長を重ね、もはや引退するまでこれ説がありそうで怖いです、マジで。

いかがでしたでしょうか。この時点で東急沼の怖さというかキモさというかおぞましさを見たと思われます。ですが、5000系はこの系列の中ではまだマシな方という絶望の事実をお教えしておきます。

5050系の4000番台とか今回の紹介方法でも15本で7形態ですからね。クーラーやら入れたらもっと増えます。

とりあえず、5000系編はこの辺りで、最後まで閲覧ありがとうございました〜

〜BGM 熱き決闘者デュエリストたち〜

やめて!東急の計画性の無さに重ねて、日本航空まで潰れちゃったら、副都心線直通の増発分と東横線の9000系を置き換える分の車両の製造資金も燃え尽きちゃう!

お願い、まだ死なないで8500系!

あんたが今ここで倒れたら、メトロからの圧力で東急はどうなっちゃうの? 

あんたの7000系魂はまだ残ってる。アレが80年耐えれるんだから、あんたも耐えれば、いつか2020系が田園都市線に来てくれるんだから!

次回、5050系編!デュエルスタンバイ!

5000系列基本・補完編
5050系編
5050系4000番台編
5080系編

よろしければクリックお願いします!

鉄道コム

コメント

Subscribe
通知
guest
8 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る
名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/28 17:08

執筆お疲れ様でした。
大変わかりやすくまとめられており、まだまだ私の知らない違いが多くあることに気づかされます。ありがとうございます。
しかし、1つ気になる点があります。5000系のスカートは長津田車と元住吉車で記事内で取り上げられた切り欠きとは反対側の蓋の有無が異なります。こちらの記事では全て元住吉車のものになっているようです。
私にはこんな素晴らしいイラストは描けませんから、指摘する資格がないかもしれませんが。
今後の展開も楽しみにしております。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/25 22:50

5000系、組成パターンだけ見ると
1次車統一・2次車統一・n次車(サハのみ13次車)
の3つとシンプルで形態差も大体は製造次数によるものだけなので比較的分かりやすいのですが、車番に注目すると6ドア車関係で地獄レベルの組み換えが行われている上、組み換えの度に編成に合わせて改番も行なっているため訳が分からないカオス状態になっています(私はまだ追いきれてません)
この記事を読んで5000沼に興味を持った方は是非調べてみてください。そしてこんなにも分かりやすい記事を書いて下さりありがとうございました。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/24 02:58

車両の変遷がとてもわかり易いです。
東横線や目黒線も楽しみにしています。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/23 07:45

5101Fの屋根の仕上げに違いがありませんでしたっけ?

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/23 05:52

えー、「スカートの切り欠きに付いてる謎の蓋」についてですが、これはジャンパ栓にかかる着脱部分が付けられているか否かの違いです。
基本的には2006年に発生した8005Fのドア誤動作事故以降5次車までの車両は着脱部が取り外されるようになりました。
しかし、どういうわけか「5166F→4112F」以外の6次車については取り外されずそのままとなっており現在に至ります。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/23 02:24

分かってても面白い。ワードセンスが光ってます。

5050系も中々に癖強なんで楽しみです。

名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/23 00:04

いやもうただただ素晴らしい。
次回は5050系だそうですが、4000番台いきなり初期4編成が狂ってますからね。
にしてもいまいち外観とか知らなかったことが知れてすごく嬉しいです。
全幅が違うのに組み替えを強行するとか言う訳がわからん5000系列(流石東急クオリティ)ですが、次回も楽しみしてます‼️

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)