くるくる回るLEDを再現してみよう!(Windows版)

こんにちは。なろさんです。

早速ですが、こちらをご覧ください

ぱっと見ふつうのLEDっぽいですが、切り替わるときに幕みたいに回転していますね

今回は、このように回りながら切り替わるLED表示の再現の仕方を記事にしてみようと思います。(ネタ切れ)

使用するソフト

今回は、

Windows ペイント主に使用します。どこにあるかわからない方は、画面下部の窓マーク(スタート)からアプリ検索をすれば出てきます

こんなアイコン

その他に、AzPeinter2もわずかですが使用します。こちらはブラウザからDLすると良いです。

あと忍耐力もつけておきましょう

いざ、製作開始!

今回は、この表示を使っていこうと思います。ん?ナニコレ?こんなのただの5080系じゃない

まずはペイントを開きます。この時、タブを3つ開いておけば便利です。

それぞれの用途はこんな感じ

開いたら、タブ2で日本語の表示を、タブ3で英語の表示を作りましょう。(既に先駆者の方々が再現の方法を載せておられるためここでは割愛。「LED再現 方法」などで検索ゥ!)

ペイントで製作したら、Azpeint2で300パーセント(網のサイズにより異なります)まで拡大し、またペイントで網掛けを行いましょう。

上の「編集」タブから
一番下の「イメージサイズ拡大縮小」を選択
パーセント指定を300にしましょう

これで準備はできました。それでは回転させていきましょう!

まず、タブ2の画像をタブ1にコピーします。ここで回転させる作業をするます。

コピーしたら、左上の点線の四角形から「すべて選択」を選びます。

ここからが重要です。選択したら、画像を網1行分下ろします。

上部に1行分の余裕ができる

下ろしたら、英語表示の下部から網1行分の表示をコピーし、さっきの画像に貼り付けます

1番下の1行分を選択し、先ほどの空いたスペースに貼り付ける。

貼り付けたら、その都度保存します。この時、毎回「名前を付けて保存」を選んでください。そうしないと後々面倒なことになります

「保存」は選ばないように気を付けてください。

これをひたすら繰り返します。はい。

回転し始めに1行を1〜2回・2行を1〜2回、         回転し終わる前に2行を1〜2回・1行を1〜3回、それ以外は3行ずつ作業していくといい感じに回ります(大体)

一周分の画像が完成したら、そこら辺のサイトなりソフトなりでGIFに変換すれば完成です。

完 成しました

どうでしょうか?それっぽくなったのではないでしょうか?

慣れるまでは時間がかかってしまうと思いますが、慣れれば1~1.5時間程度で出来ると思います。

もう書くことがないので、今回はこの辺で終わりにしようと思います。それでは良い再現ライフを!

終わり!!!

おまけ

よろしければこちらもご覧ください↓

👇クリックで応援お願いします!👇

鉄道コム

👆クリックで応援お願いします!👆

コメント

Subscribe
通知
guest
0 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)
3月4日(月)
3月5日(火)
3月6日(水)