【1位はどこ?】関東私鉄フリー切符お得ランキング

 こんちゃ、holdingです。

 みなさんは、フリー切符を買いますか?私は切符買うのはめんどくさい精神でいつもお世話になってるんですが、今回は関東私鉄の各社局から出ているフリー切符をおトク度でランキングにしました。1番お得なのはどれか、ぜひご覧ください。

9位 京急電鉄

京急全線1日フリーパス  区間:京急全線 値段:2000円

 残念ながら最下位は京急。支線が少なく短くで総延長が87kmなのと、品川-三崎口間の往復運賃が1480円でフリー切符が2000円というのが順位に影響しました。

 しかし、京急は短距離運賃を上げ長距離運賃を下げる運賃改定を昨年したので、フリー切符で短距離を多く使うようならおトクですね。

8位 相模鉄道

相鉄・鉄道全線 1日乗車券  区間:相鉄全線 値段:880円

 総延長が44kmのため、この順位にランクイン。相鉄線は2019年にJRと、2023年に東急と直通運転を開始し多くの種類の電車を見れるので非常に乗ってて、撮ってて、聞いてて楽しい路線。このフリー切符を使ってみてはどうでしょうか。

7位 京成電鉄

京成線ワンデーパス  区間:成田スカイアクセス線含む京成全線(北総線は乗り降り禁止)  値段:2000円

 7位には、京成がランクイン。成田スカイアクセス線は乗れますが、北総線内は乗り降り禁止なのでお気を付けてください。

 気になるのは、来年合併する予定の新京成線を含めた際の運賃。新京成線は現在、季節限定の500円でフリー切符を発売していますがこの”京成線ワンデーパス”は値段据え置きなのか、2500円になるのか。2000円を超えると手が出しにくくなりますが、ここは気になるところです。

6位 小田急電鉄

1日全線フリー乗車券  区間:小田急全線 値段:2000円

 総延長が120kmと長く、新宿-小田原間が1820円ということから6位にランクイン。都内から湘南、小田原まで乗れて2000円は少し魅力的ですよね。

 しかし、小学生以下の子供は新宿から小田原まで乗ってもICカードであれば50円なのでそこは注意しましょう。

5位 京王電鉄

京王線・井の頭線一日乗車券  区間:京王全線 値段:1000円

 切符の名称から京王線・井の頭線でしか使えず、相模原線とかは使えないように思えますが、普通に使えます。ややこしい、それなら「京王線1日乗車券」にすればいいと思うのですが、井の頭線は元小田急だからお友達にいれてもらえないんですかね()

 そんな、井の頭線と新宿-明大前間が乗り放題になった切符が580円で売っております。新宿・渋谷の副都心のターミナル駅や吉祥寺・明大前・下北沢が行けて580円はおトクですね。

4位 西武鉄道

東急線西武線まるごときっぷ  区間:東急の発駅~渋谷の往復切符、渋谷~小竹向原と西武線全線の乗り放題 値段:最安1640円~

(定期発売はなし)  区間:全線 値段:1500円

(定期発売はなし)  区間:秩父線一部と多摩川線除く全線 値段:1000円

「何これ!?」

と思った皆様申し訳ございません。西武線はランキングしている鉄道会社の中で唯一、単体の定期発売のフリー切符がありません。しかし、「映画○○公開切符」「○○スタンプラリー」という名目で1年のほとんど発売してます(逆に発売してない時期も多々あるから気をつけて)。記念切符系は西武線全線に乗れて1500円のタイプ、スタンプラリー系のフリー切符は1000円で多摩川線と秩父線の一部が乗れないタイプが多いです。

 また、通年発売で「東急線西武線まるごときっぷ」という、副都心線(和光市~小竹向原除く)と西武線全線が乗り放題になる切符もあります。こちらは東急線の渋谷以外の駅で買えて、代官山などですと渋谷-代官山間の往復切符がついて1640円と非常におトク!東急線沿線のかたにはオススメです!

 他にも、おととし程からは「おトクにおでかけきっぷ」なるものができて、西武線(西武秩父-武蔵藤沢、多摩川線除く)と西武バス(一部路線除く)が乗り放題になって、一部施設で使える1000円クーポンが付いて1600円と、実質、西武線と西武バスが600円で乗り放題になる切符が発売されました。詳しくは下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

3位 東急電鉄

東急線ワンデーパス  区間:東急線全線(みなとみらい線は乗車不可) 値段:780円

 ここで東急の登場。東急線が全線乗れて破格の780円。みなとみらい線は乗れないので注意を。普通運賃でも十分安い東急電鉄。自社線の乗換駅が多いので、折り返すような必要が少なく、1日で様々な場所を巡ることが出来ます。また、Q SKIPというサービスで事前購入すると、さらに40円安くなり、QRコードやクレジットカードで改札を通ることが出来る(一部駅のみ)サービスを展開するなど、時代の最先端を進んでいます。これからの東急にも目が離せませんね!

 また、東急は他にもおトクな切符が多数あるのでチェックしてみてください!

2位 東京都交通局

都営まるごときっぷ  区間:都営地下鉄、都営バス(一部路線除く)、都電荒川線、日暮里・舎人ライナー 値段:700円

 2位にランクインは東京都交通局。都営地下鉄の他にも都営バスや通称東京さくらトラムこと都電荒川線日暮里・舎人ライナーが乗り放題になって東急より80円もやすい700円なんです!乗る前からおトク(?)なこの切符。

 しかし、地下鉄4路線しかないため移動がやや大変です。都営バスもありますが、地下鉄ほどの本数がないので待ち時間が多くできます。そのため、実際に使う際は下の切符がおすすめです。

都営地下鉄・東京メトロ共通一日乗車券  区間:都営地下鉄、東京メトロ全線 値段:900円

東京フリーきっぷ  区間:都営地下鉄、都営バス(一部路線除く)、都電荒川線、日暮里・舎人ライナー、東京メトロ、23区内JR線 値段:1600円

 「都営地下鉄・東京メトロ共通一日乗車券」はその名の通り、都営地下鉄と東京メトロが乗り放題になって900円!また、「都営まるごときっぷ」に東京メトロ全線と23区内のJR線が乗り放題になった切符が1600円と、用途に合わせた使い方が出来ます。「東京フリーきっぷ」を買えば23区行けないところがなくなるので非常におすすめな切符です。

1位は、、、

だ ろ う な

東京メトロ24時間券  区間:東京メトロ全線 値段:600円

 1位は東京メトロでした。コスパ破壊もいいとこです。今までの茶番だったのかというように消し去りましたね。なお今までのフリー切符と違って24時間券なので、上手に使えば2日間にわたって使用することもできます。それでもって600円とか、東京メトロさん流石です。また、修学旅行生には300円で売るとか、、、さすがに安すぎて書くことがなくn、あ(閃き)

 東京メトロは月2000円で土休日東京メトロが乗り放題になるサービスを始めました。メトポ利用者のみのサービスですが、非常に面白いですよね(実際に使うかどうかは置いといて)。

最後に

 今回は、関東私鉄各社局のフリー切符についてまとめてみました。その他にも、各社様々なフリー切符を発売してます。有名なものでは京急のみさきまぐろきっぷや、東京フリーきっぷなど、マイナー(?)では横濱中華街 旅グルメきっぷなどたくさんあります。関西私鉄でもまとめてみたいですが、関東民からしたらあそこはわけわけめです。以上、きっぷ鉄のholdingでした!

👇クリックで応援お願いします!👇

鉄道コム

👆クリックで応援お願いします!👆

コメント

Subscribe
通知
guest
2 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る
名無しが通過します
名無しが通過します
2024/01/22 11:19

東武「フリーきっぷ? なにそれ?」

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)