【通学定期】年度跨ぎの証明書提示が不要になるとこ、ならないとこ。

はじめに

こんにちは、摩耗ナです。最近寒いね。
今回は、来年度から開始される「通学定期券の発売時に行っている通学証明書や通学定期乗車券購入権用証明書等(以下、通学証明書)の確認を卒業まで省略して継続可能になる取り扱い」について、ニュースリリースで実施することを発表している鉄道会社を関東圏でまとめていきたいと思います。また、実施する事業者としない事業者間での連絡定期券の取り扱いについては、駅員の方にお問い合わせください。

何が変わるのか

従来では、通学定期券を年度が替わった後に購入するには年度ごとに通学証明書の提示が必要でした。

しかし、この状態では、4月に窓口が大混雑するのは必至であり、実際とても混雑が激しいです。
そこで確認省略を実施する各鉄道会社で購入する来年度からの定期券の在籍確認は、入学時の1度だけとなります。(住所変更などを行った場合は提出必要)

こうすれば、4月には新入生しかいなくなりますね。はい。

実施する事業者・しない事業者

では本題へ。どこがどのように実施するのかをまとめてみましたので、ご覧ください。
調査対象は、関東大手私鉄+東日本旅客鉄道(JR東日本)+東京都交通局です。

Suica・PASMO定期券(カード)で確認省略を実施する事業者

  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
  • 西武鉄道

なんか、、これだけかよって感じですよね。

モバイルPASMOで確認省略を実施する事業者

  • 東京地下鉄(東京メトロ)
  • 東京都交通局(都営地下鉄)
  • 東武鉄道
  • 京成電鉄
  • 京王電鉄
  • 東急電鉄
  • 京浜急行電鉄
  • 小田急電鉄
  • 相模鉄道(相鉄線)

モバイルの利用者増やしたいの見え見えで嫌いです。
私はモバイルPASMOがそもそも利用できないうえ学校でスマホ使用が教員に見つかった場合没収なんできついですね、、、

まとめ・あとがき

正直な感想としては、「こんなんじゃ窓口混雑緩和になんねぇだろ」っていう感じです。
来年度が楽しみですね。まあ私は小田急線民でありそもそも来年新高Ⅰなので窓口並ばなきゃいけないですが。
じゃ。

👇クリックで応援お願いします!👇

鉄道コム

👆クリックで応援お願いします!👆

コメント

Subscribe
通知
guest
0 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)