【動向】E259系新旧塗装シェア率【2024/01/18】

こんにちは、TRAinDATAです。今回のテーマは「E259系」。
新塗装が冷蔵庫に見えると話題ですね。
そんなE259系、塗装の塗り替えが着々と進んでおり旧塗装も残るところ僅か、という事実はご存じでしょうか?
今回は新塗装と旧塗装の割合をグラフにしてみていきましょう。

なぜ塗装変更?

そもそもなぜ塗装の変更を始めたのでしょうか?
おさらいしてみましょう。

2023年3月24日、JR東日本は成田エクスプレスで使用しているE259系の塗装を変更すると発表しました。
JR東日本は塗装変更の理由を以下のように説明しています。

特急「成田エクスプレス」は通勤やレジャー等でもご利用いただくなど、時代と共にご利用の目的が多様化しています。
そこで、「N’EX」が創り上げた空港アクセス特急のイメージを継承しつつ、シルバー基調のカ
ラーを先頭車両の前面、側面に取り入れ、「ご利用いただく様々な場面」や「移り変わる沿線地域の風景」を映し込むこととしました。
これにより、「空港アクセス特急に限らない多様化したご利用目的に合わせた都市間輸送特急」、そして「時代の変化に対応し持続して進化を遂げる」ことを表現しています。

JR東日本プレスリリースより

つまり、「空港アクセス特急」としてイメージが定着しているE259系の塗装を変更することで他の運用にも就かせるようにするためでしょうね。

ちなみにこれまで使用されてきた塗装は初代成田エクスプレスである253系のカラーリングを継いだもので、「極地の白」「成層圏の空のグレー」「地平に輝く太陽(の赤)」「果て無き黒い宇宙(の黒)」の4色で構成されていました。

私個人の意見としてはN’EX以外の運用に付くのだとしても旧塗装のままで良かったのではないかと思っています。なんか…デザインが…。

シェア率

それでは2024年1月18日時点での新旧塗装シェア率を見てみましょう。

なんと…。
残る旧塗装車両は25%を切っているのが分かります。。。
編成数にして21本中、残り5本。着々と塗り替えが進んでいることが分かりますね。

グラフのオレンジの枠が「新塗装・ロゴなし」になっていることに気づくと思います。
これは側面のN’EXロゴが抹消された編成の割合です。ココ👇の部分ですね。

(かっこいいのに…もったいない…。)
新塗装に塗り替えられた編成も今後N’EXロゴが抹消される可能性があると指摘されています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
見慣れていたE259系ももうそろそろ見納めになりそうですね。記録は今のうちにしておきたいものです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

[democracy id=”2″]


👇クリックで応援お願いします!👇

鉄道コム

👆クリックで応援お願いします!👆

コメント

Subscribe
通知
guest
0 コメント(新着順)
Inline Feedbacks
すべて見る

鉄道イベント情報

 
日付 イベント
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)
2月25日(日)
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)